久々の婦人科受診

久々の婦人科受診

久々の婦人科受診

自分で検査薬を試した次の日、婦人科受診に行ってきました。

 

そのクリニックはお産は取り扱っていませんが、30週くらいまで妊婦検診はやってくれます。

 

1人目の娘の時も、そのクリニックのお世話になっていました。

 

婦人科メインのクリニックなので待ち時間が少なく、先生も看護師もあっさりしててお気楽です。

 

「もっと食事指導とか生活指導とかたくさんやってくれる産科病院がいい!」、「心音のCDとか3Dのエコー写真が欲しい!」…とか言う方からすると、かなり物足りないかもしれませんが。
私も旦那も、1人目の時から「診断さえしっかりしていれば、それでいいじゃん」っていうノリだったので(笑)

 

それにしても、婦人科の受診は何回やっても嫌ですね。

 

市販の検査薬でも最近はものすごく精度がいいので、妊娠はほぼ間違いなくしているはず。

 

だったら受診はもう少し先でもいいのかな〜、なんて考えたり。

 

実際、悪阻であまりであるきたくなかったし。

 

でも子宮外なのか、ちゃんと子宮の中に妊娠しているのかは、早い段階で調べておくべきだと思って行ってきました。

 

先生:「子宮の中で妊娠が成立しています。今言えることは、それだけです。」

 

私:「わかりました。」とまあ、1人目の時と同様に、淡々と説明する先生。高圧的な態度とか、説明不足とかは全くないです。

 

ただ、本当に商売気がないっていうか…(笑)

 

だからこの先生が好きなんですけどね。

 

この段階ではまだ胎芽は小さすぎて、週数や予定日は割り出せないとのこと。

 

なによりもまだ、心拍も確認できていないし。

 

心拍が確認できるまで、不安な日々が続きそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ