子育ても奮闘中の物語

子育ても奮闘中

3歳になる娘

娘は現在2歳9ヶ月。

 

8月で3歳のお誕生日を迎えます。

 

「3歳が近づくと、ある日突然、育児が楽になる瞬間が訪れる」育児の先輩からは、よくこんな話を聞きます。

 

果たして、うちの娘にもこの法則が適用するか否か…。

 

確かに、最近はちょっとずつ、お話が上手になってきたと思います。

 

っていうか、同じ年代の子供に比べたら、あんまり…ですけど。

 

保育園のお迎えに行った時、同じ月齢の子と遊んでいるのを見ると、みんなもっとよくおしゃべりしてます。

 

2語文でお話し始めたのが、3月くらいからなんですよね。

 

母や姉に「大丈夫っ?!」とよく心配されましたし、何よりも私自身が一番心配していました。

 

(健診ではいつも、全く異常なしでしたが)こちらの言っている意味は分かるけど、自分でお話するのは苦手な子で…。

 

1月くらいから慌てて、絵が書いてあるカードや積み木を使って、言葉を教えました。

 

やっとやっと、自分で言葉を発してみようと思い始めたのが、3月頃。

 

娘なりに、いろんな言葉を蓄積するのに時間をかけていたのかな…と振り返っています。

 

私から見ると、多分娘は、なんでもゆっくり出来るようになるタイプのようです。

 

離乳食も全く興味を持たなくて、同じ月齢の子があかちゃんせんべいに夢中の時代も、「お乳一筋!」でしたから(笑)

 

で、その割に体重は成長曲線ど真ん中の、健康優良児でした。

 

医者にかかったこともありません。

 

トイレトレーニングも、なかなか上手くならなかったし…。

 

最近暖かくなってきたので、強行突破でいきなりオムツを取って、パンツに履き変えさせました!!

 

意外と、どうにかなるもんですね〜。

 

失敗してたのは初めの2日間だけで、3日目から全く失敗しなくなりました。

 

まだ夜寝る時や外出の時はおむつ(パンツタイプ)を履かせていますが、朝起きてきても、少しの外出から帰って来ても、おむつは汚れていません。

 

すぐにトイレに行くと、自分から走って行きます。

 

トイレが自立すると、なんだか急に、赤ちゃんから子供に成長したように感じます。

 

こうしてちょっとずつ、親離れ・子離れしていくんですね…。


ホーム RSS購読 サイトマップ