これぞ、洗礼!

これぞ、洗礼!

娘の洗礼

娘の風邪騒動が落ち着き、旦那も私もほっと一息。

 

不謹慎かもしれませんが、初めて体調不良の子供の看病を経験したおかげで、親としては少し成長できたような気がしました。

 

美味しそうに食事をする娘を見ると、この数日間の出来事がウソみたいに思えてきたり。

 

「久々に一緒にお散歩でも行こうかな」、「明日何して遊ぶ?」久々に安堵感に包まれながら、娘とくっ付いて眠りに落ちます。

 

ところが!!翌朝目覚めた瞬間、私が発した言葉は「喉痛っ」その声で起きる旦那。

 

どうやら、娘の風邪がばっちり移ってしまったみたいです。ガ―ン…。

 

「朝5時で37.0℃なら、まだまだ上がるはず」娘から移った風邪なら、40℃近い高熱が出たりして…。

 

常備している液体の葛根湯を流し込んで二度寝。

 

すっかり元気になった娘は、そんなことは露知らず。

 

ぐったりと寝ている私の上に、容赦なく襲いかかってきます(笑)

 

我が家の寝室は東に窓があるため、夏場だと6時前からかなり明るくなってしまうんです。

 

あ〜!こんなことを想定して、早めに遮光シェードを付けておくんだった。

 

長寝したくても、娘が勝手に起きてきてしまう〜。

 

高熱には至っていないし、娘の風邪と同時期に発症しなかっただけマシだし…と自分に言い聞かせつつ、娘をトイレに連れて行って、着替えさせて、朝食を食べさせて…母は辛い。

 

よく姉から、子供が幼稚園や学校で貰って来た風邪やインフルエンザが家族全員に同時に移るという話を聞かされていました。

 

なるほど…これか。

 

なんだか、娘の看病やら、子供に風邪を移されて大変とか、一気に経験値が上がったような気がしてきます。

 

娘の洗礼を受けて、ようやく私も親らしくなった。

 

こう思うと、ちょっとは前向きになれそうです。

 

来週、家族旅行を予定しているのに…。

 

とりあえずこれ以上酷くならないように、葛根湯&安静(実は安静が一番難しいけど)で乗り切るしかないっ!娘と約束していたお散歩はキャンセルしてもらって、しばらくは引きこもりま〜す。


ホーム RSS購読 サイトマップ