和美の大切な家族の物語

和美の大切な家族

体調不良の原因は…

家族旅行も無事に終了し、自宅に戻った後も、体調は一向に良くならない。娘の風邪をもらったのは確か、6月6日か7日頃だったはず。高熱に至ることはありませんが、とにかく横になりたい。貧乏症で、じっとしている事が苦手なはずなのに、とにかく何にもしたくない。

 

おかしい。絶対おかしい。まさかと思いましたが、薬局に行く途中には既に確信していました。「これは妊娠してる。」予想は見事に的中でした。不思議なことに、娘の風邪騒動がある少し前(6月に入ってすぐの頃)から、いつも美味しく食べているはずの物が食べたくないな〜と、漠然と思っていたんですよ。

 

コーヒーも、チョコレートも、スパゲッティミートソースも、全部まずかった。というよりか、受け付けなくなっていました。

 

週数から逆算しても、その頃はまだ着床するか、しないかの微妙な時期だったはず。医学的に考えると「気のせい」で片付けられるんだろうけど、全く予想していないタイミングだったにも関わらず、体調の変化を敏感に感じ取れるなんて。女性の体って、謎だらけですね。

 

この時はまだ喜びよりも、衝撃の方が大きかった。次に頭をよぎったのは、10月に受験する予定の試験のこと。計算上は5週?既に悪阻が始まっています。これから本格的に悪阻が到来してしまったら、試験勉強なんてやってられるの?!いや、せっかくここまで勉強してきたのに受験しないなんて、勿体ない!

 

高いお金払って買ったテキスト、勿体ない!私の思考回路は常に「勿体ないから○○しよう」というベースの上に成り立っているのです(笑)合理的でしょ?!予想では、9月半ばくらいからちょっとずつ悪阻が落ち着いて来る頃かな…。

 

10月の試験までどうやって勉強を勧めるのか、学習計画練り直しですね。でももっと悩ましいのは、毎年1月〜5月までやってる、介護支援専門員実務研修。ケアマネージャ―の資格を取得する為には、試験合格だけではなく、研修を全て終了(実習含む)することが絶対条件です。

 

1月なんて、臨月間近ですよ…。さすがに来年研修を受けることは出来そうもありません。特例措置について、試験を実施している団体に問い合わせてみたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ